• T-NET編集部

キッチンカーを無料貸与、飲食店と家庭・地域の支援(兵庫県)神戸市×一般社団法人 日本移動販売協会

 5月7日から20日までの2週間、神戸市と一般社団法人 日本移動販売協会が連携し、キッチンカーと販売場所を無料で貸し出して、飲食店の移動店舗サービスを実施した。

 場所は神戸市郊外の2つの住宅団地。ニュータウンと呼ばれる地域で、高齢化が進みつつある。スーパーやコンビニから遠く、さらに外出自粛も重なって買い物に苦労している人が多い。今回の取り組みは、収入が減った飲食店への販売機会提供のみならず、買い物難民とも呼ばれる地域住民への支援にもつながる。

 公園や空き地となっている市有地を会場に1日3店舗ずつ、和食や台湾料理、カレーなどを扱う計26店舗が出店。利用客からは日々いろいろなメニューを用意でき、家事が楽になったと好評だった。購買層は50歳代以上が多く「便利なのでまた来てほしい」と喜ばれるなど、満足度も高かった。

 日本移動販売協会では今後も神戸市と協議のうえ、地域を広げるなどして取り組みを続ける予定。


2020.05.22




153回の閲覧

最新記事

すべて表示

市内の住民活動を調査・共有

三木市・三木市社会福祉協議会(兵庫県)は、 2020年年11月13日(金)~15日 (日)、みきボランタリーフェスタ2020を開催。14日に開催した「『ほっとけな い!』地域づくりを考える集い」では、「新型コロナウイルスと共に生きる地域 での暮らしってどういうこと?」をテーマにフロア参加者90人、リモート参加者 11人とともに「コロナとつながり」について語り合う機会をつくりました。 当日の様子はy

地域のつながりを切らないために、生活支援コーディネーターの取り組みを紹介(兵庫県)兵庫県社会福祉協議会

兵庫県社会福祉協議会では、外出自粛の間の地域づくりを応援しようと、「兵庫えんだより」を5月8日に創刊し、県内41市町行政および社協に配付している。 えんだよりでは、悩みながらも地域のつながりを切らないために「今できることをしよう!」と動き出した介護保険の生活支援体制整備事業における県内市町の生活支援コーディネーターの取り組みを紹介。A4サイズの両面印刷で現在第4号まで発行しており、「参考になる」と

集まれなくてもつながるためのアイデア集(大阪府)大阪市社会福祉協議会

大阪市社会福祉協議会では、地域福祉活動の休止が続くなかで戸惑いや葛藤を抱えながら過ごしている活動者向けに、集まることが難しい状況でもつながりを途切れさせることなく、気にかけ合い見守り合うための参考資料を作成し、ホームページで公開している。 集まれなくてもつながるための4つの方法や、高齢者の自宅を訪問する際の注意事項などを紹介している。 全文(PDFデータ)はこちらから 2020.05.21

あなたの身の回りの「つながる情報」を教えてください!​​

© 「つながりを切らない」情報・交流ネットワーク all rights reserved.