• T-NET編集部

タクシーで地域の飲食店からデリバリー(神奈川県)うちめし応援プロジェクト

最終更新: 5月22日

 不要不急の外出を控える日々が続くなか、横浜市鶴見区で52軒の飲食店に地元のタクシー会社が協力し、テイクアウトの弁当などを自宅まで届ける「うちめし応援プロジェクト」が行われている。

 配達を行う東宝タクシーは、以前より食料品や日用雑貨、医薬品の受け取りなどの買い物代行サービスに取り組み、地域の足となっていた。このプロジェクトでは外出自粛期間中、配達料金の金額をおさえて30分あたり900円に設定している。

 利用者は電話で飲食店に弁当などを注文し、東宝タクシーにも連絡をする。ドライバーが飲食店に向かい、代金を立て替えて商品を受け取り配達する。利用者は商品の代金と配達料金をドライバーに支払う仕組み。

 スマホアプリを使ったデリバリーがはやりの昨今だが、なじみの店に電話で注文ができるこの方法は年配の方にも利用しやすいうえ、アプリサービスには対応していない老舗や地域の飲食店の味も自宅に取り寄せることができ、「外出できなくて困っている」「運ぶのがたいへん」という地域住民に好評だ。

 国土交通省の許可を受け、プロジェクトは9月末まで継続する予定。


2020.5.12

135回の閲覧

最新記事

すべて表示

地域の通いの場の再開に向けた住民向けの手引き(東京都)東京都健康長寿医療センター研究所

東京都健康長寿医療センター研究所の社会参加と地域保健研究チームが、地域の通いの場の再開に向けた住民向けの実践の手引きとして、「通いの場×新型コロナウイルス対策ガイド」を発行しました。チェックリストもあります。 https://www.tmghig.jp/research/release/2020/0529.html 2020.06.12

食を通じて子どもや親の孤立を防ぐ(東京都)NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

豊島子どもWAKUWAKUネットワークは、新型コロナウィルス感染症流行前まで、東京都豊島区内で4つの子ども食堂を運営し、たくさんの子どもや親の居場所となってきた。コロナ禍で子ども食堂は休止となったが、その後の活動について理事長の栗林知絵子さんにお話を伺った。 2月下旬に小中学校が休校になると、給食の停止や親の勤務状況の変化など、子育て世帯に影響が出始めた。支援の方法を探した結果、フードパントリーを

布マスクつくりで広がるつながりの輪(東京都)きよせあったかマスク☆プロジェクト

3月下旬、清瀬市の生活支援コーディネーターが「外出できなくてやることが無く、時間を持て余している」という地域住民からの声を聞いてきた。サロンなど集いの場が休止している現在、できることは何かと考えた結果、地域の方に布マスクを手づくりしてもらい、必要な方に配布をすることになった。 清瀬市からの予算で材料をそろえ、サロンの参加者などに声をかけて4月からマスクづくりがはじまった。シニア世代の手際のよい作業

あなたの身の回りの「つながる情報」を教えてください!​​

© 「つながりを切らない」情報・交流ネットワーク all rights reserved.