• T-NET編集部

気仙沼発、病院に防護服を届けよう(宮城県)防護服支援プロジェクト

最終更新: 5月22日

 医療資材の不足が続くなか、宮城県気仙沼市の女性たちがはじめた簡易防護服づくりが全国に広がっている。

 東京都港区の済生会中央病院では、職員や看護師が激務の合間に簡易防護服をつくっていた。必要となる防護服は1日300着。少しでもスタッフの負荷を減らしたいという医師の声が、気仙沼のPR活動をしている女性たちの団体「気仙沼つばき会」に届いた。

 数の多さに驚いたものの「まずやってみっぺしー(やってみよう)。震災でお世話になった私たちがやんなくてはダメだー(やらなくてはならないわー)。」という頼もしい声もあり、引き受けることに。済生会中央病院は、東日本大震災の際に気仙沼で支援活動を行っている。

 簡易防護服の材料は厚手のポリ袋と養生テープなど。1着の製作に15分ほどかかる。4月末から始まったこのプロジェクトにより、2週間で約2500着を済生会中央病院やそのほかの病院に送ることができた。現在は、北海道や九州からも防護服をつくりたいという問い合わせがある。プロジェクトには団体でも個人でも参加が可能。


防護服支援プロジェクトHP:https://bougofukushien.com/

問い合わせ先:bougofukushien@gmail.com(原則としてEメールでのやり取り)

2020.5.11



189回の閲覧

最新記事

すべて表示

Zoomの活用で情報交換がパワーアップ(岩手県)盛岡市・滝沢市・紫波町・矢巾町の生活支援コーディネーター

岩手県県央部に位置する盛岡市、滝沢市、紫波町、矢巾町の行政や社会福祉協議会に所属する生活支援コーディネーターや地域福祉の担当者が、情報交換にWEB会議ツールのZoomミーティングを活用しはじめた。 きっかけは、5月11日、盛岡市社会福祉協議会の生活支援コーディネーターと紫波町社会福祉協議会の生活支援コーディネーター2人が、外出自粛下での活動の進め方についてZoomを使って情報交換をしたこと。翌週に

自宅にいる今だから!家族で毎日体力づくり(北海道)社会福祉法人釧路町富喜会

北海道の社会福祉法人釧路町富喜会は、釧路町生活支援体制整備事業受託者として、社会参加による介護予防活動「いきいき百歳体操」を中心とした「地域のお茶の間事業」を行ってきたが、コロナ禍のため休止し、訪問等の活動も必要最小限にとどめている。 そこで長時間自宅で過ごす高齢者の介護予防を推進するため、釧路町の生活支援コーディネーターを中心に「自宅で座りながらできる体操」、通称「ながら体操」を考案した。 この

コロナに負けない地域の絆を情報紙で発信(宮城県)大和町社会福祉協議会

大和町社会福祉協議会の第1層生活支援コーディネーター青木秀利さんは、町内住民の集まりや身近な支え合い活動を掲載した「地域支えあい通信」を発行している。 現在は、これまでのようにみんなで集まることができない状況にあるが、6月号は手づくりマスクの配布や暮らしの注意事項を掲載した「コロナ対策編」として発行を続ける。 「地域で何かできないかと思っている方々がいるので、その思いを形に、それが見えるように、引

あなたの身の回りの「つながる情報」を教えてください!​​

© 「つながりを切らない」情報・交流ネットワーク all rights reserved.