• T-NET編集部

食べて応援!広がる地元飲食店とのつながり(熊本県)一般社団法人 みなみあそ観光局

 風光明媚な阿蘇地方。多くの観光客が訪れていたが、このコロナ禍で激減してしまった。自然豊かなこの土地にほれ込み、移住して飲食店を開いた人も多いという。今までテイクアウトをしていなかった店もこれを機に始めたという声を聞き、そんな地元の店をサポートしようと、みなみあそ観光局地域おこし協力隊の大内佑介さんは、南阿蘇テイクアウトマップ制作の後、南小国町の元協力隊の方と連携して阿蘇テイクアウトおうちご飯応援MAPを制作した。今は南阿蘇村をはじめ、7つの市町村で利用可能だ。また、利用者を増やそうとホームページを見やすくしたところ、閲覧者からの「いいね」の数も増えているという。

 今後はコロナ収束後に通常営業に戻る飲食店の魅力を引き続きホームページで発信し、継続的に利用してもらえるよう、さらに応援を続けていくと語ってくれた。

阿蘇テイクアウトおうちごはん応援MAP

https://takeout.oguni-machi.com/


2020.05.22

101回の閲覧

最新記事

すべて表示

自宅で脳活や体操を!(熊本県)合志市社会福祉協議会

認知症予防教室(脳活き生き教室)が開催できなくなったことから、教室で使用しているオリジナル教材を、参加者だけでなく65歳以上の希望者が購入できるようにしている。「読み」「書き」「計算」だけでなく、「合志のむかし話」を使用し、合志の歴史を知ることができる内容も。有料頒布ではあるが、売上金の一部は市社協への寄付として地域福祉に役立てるとのこと。また、公式YouTubeチャンネル(チャンネル名:合志市社

あなたの身の回りの「つながる情報」を教えてください!​​

© 「つながりを切らない」情報・交流ネットワーク all rights reserved.