• T-NET編集部

みんなと一緒に第九を歌いたい(栃木県)宇都宮第九合唱団

最終更新: 5月22日

 ゴールデンウイークの夜、オンライン上に第九の歌声が響いた。企画したのは宇都宮第九合唱団。1980年設立のアマチュア合唱団だ。これまで週1回の練習と年2回の演奏会を行い、交流を深めてきた。しかし新型コロナウィルス感染症の流行により練習は休止、6月に予定していた演奏会も中止となった。

 活動再開の目途が立たず「歌えなくてつまらない」という声が出るなか、スタッフの齋藤真弓さんがオンライン会議システムのZOOMを使った合唱を思いついた。広報担当の高田憲一さんがホームページなどで呼びかけたところ、団員以外の参加も含めて総勢53人がつながり、5月5日にオンライン演奏会が開催された。

 当日は音声がずれてフーガ形式になるなど愉快なハプニングもありつつ、参加者の熱い思いが伝わる合唱が実現した。「久しぶりにみんなの顔を見ることができた」「一緒に歌えてよかった」と喜ぶ参加者たち。最年少は中学3年生。受験のため今年の演奏会は出られないが、今回は気軽に参加できたのもオンラインならでは。

 「とにかく楽しかった。こういう方法でつながることができると味をしめたので、また挑戦したい」と語る齋藤さん。仲間たちのとの喜びの歌はこれからも続いていく。


宇都宮第九合唱団HP:https://www.utsunomiyabet9.com/

2020.05.11


オンライン第九/指揮:佐藤和男 ピアノ:大野智子


0回の閲覧
あなたの身の回りの「つながる情報」を教えてください!​​

© 「つながりを切らない」情報・交流ネットワーク all rights reserved.